ようこそグレスコーポへ

本宮市でアパートをお探しでしたら是非一度ご覧下さい。

グレスコーポは、カナダの設計会社がデザインし、建設資材の約9割を海外から直輸入し、国内で建設された輸入ツゥバイフォー大型集合住宅です。

建設のコンセプトは、「上質な材料と資産価値の変わらないお洒落なアパート」です。

主要建設部材と設備はアメリカとカナダから、外壁材はスペインとイタリアから輸入しました。

アパート供給過多の時代、アパート経営は築5年を過ぎれば、新築物件に人気は移り、資産価値は時間と共に目減りし、当初の収支計画の継続は困難なものとなります。

アパートは使い捨て商品では有りません。見た目より品質重視を選択される賢明なお客様も中にはいらっしゃいます。

グレスコーポはそのようなお客様の為に、古き良きアパートになることを目指しています。

システムキッチン

キッチンはカナダ製メープルドアを使用したカスタムオーダーシステムキッチンを使用しております。長さ1.3mのベースキャビネットとウォールキャビネット2組を対面式に設置いたしております。キャビネットが豊富ですので、収納にも余裕がございます。 ベースキャビネットはアメリカンスタンダードの高さ90cmと高く、背の低い方でも使い慣れると調理が楽に感じるのを実感するでしょう。

東向きのアパート?

グレスコーポⅡは東向きに建てられています。断熱ペアガラス窓の開口を東側1階は小さく、2階は大きく、更に西側1階・2階とも小さくして有ります。夏は2階のエアコンを使用して、1階側は外の日射を少なくします。また冬場は、1階の蓄熱暖房機の熱が上階に上り、お部屋全体を温めます。南向きのアパートと比べ冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。

二重境界壁構造

グレスコーポⅠはカナダのセレクトホームズデザイン社により設計されたツゥバイフォー輸入集合住宅です。構造用木材は国内ツゥバイフォー建設に比べ約3割程多く使用されています。特に、各世帯を仕切る壁の構造は、2種類の二重境界壁構造になっており、間柱が隣の壁と分離している為に、RC鉄筋構造と同等の遮音設計となっています。 更に1階と2階の入居スペースを併せ持つネゾネット構造ですので、隣の入居者のみならず、上階の入居者の音に悩まされる心配も有りません。

システムキッチン

キッチンはカナダ製オークドアを使用した長さ2.5mのカスタムメードシステムキッチンを使用しております。ベースキャビネットはアメリカンスタンダードの高さ90cmと高く、ウォールキャビネットの収納にも余裕がございます。 ウォールキャビネットとベースキャビネットの間の壁と、玄関床には、各室それぞれに違ったデザインタイルが貼られています。